どこでも通用する人材を目指そう

女性の場合、同じ会社に勤め続けて社内での出世を目指すよりも、どこへ行っても通用する人材を目指すキャリアアップをしていくほうがメリットが高いです。なぜなら、結婚により、妊娠や出産、伴侶の転勤などにより勤め先を変えなければいけなくなるケースも考えられるからです。

社内で出世することだけがキャリアアップではありません。1社の社員として尽くすのは素晴らしいことですが、いつ倒産するか、クビになるかは誰にも予測できません。どんな事態になっても安心するためには、どこでも働けて、高収入を得られる人材になっておくことが重要になってきます。結婚をして旦那に頼っている方でも、もしかすると離婚してしまう可能性だってありえます。こうしたことを踏まえて、転職をしても通用する人材になることは、考えに入れておいたほうが良いポイントです。

新しい仕事を探すときには、転職サイトや求人サイト、転職エージェントなどを頼ることができますが、採用される人材になっておかないと次の仕事を見つけることはできません。今の職場でできることをきちんと積み上げておくことも大切ですし、将来のことを考えて資格の取得などについても検討しておくと良いでしょう。資格で食べていくのは難しいですが、取得しておけば転職をするときに先方がどのような人材なのかを判断するひとつの材料となります。資格を持っていないとできない仕事もありますので、専門性の高い資格を持っておくこともメリットは大きいです。ただし、ムダな資格を取得しても意味はありません。将来、どのような仕事をしていきたいのか、その資格は投資に見合った利益を自分にもたらしてくれるか、を考慮しながら検討するようにしましょう。

資格ではなく、転職をしてキャリアアップを考える人もいるかと思います。新たな分野で活躍しようとすることは大変いいことですが、そのタイミングを見誤らないことが大切です。転職活動はそれなりにリスクを負うため、望む将来の姿をしっかり確定した上で行動するようにしましょう。転職するかどうか悩んでいる方は、ぜひこの参考サイトの記述を判断の材料にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です